Mandarin Orange

「書くことでアイデアが生まれる」をモットーに、自分で描いたイラストを添えて、本のレビューなどを含めていろいろ書いていこうと思います。

成功者の秘訣をのぞく:『Tools of Titans』レビュー Exploring the Secrets of Success: A Review of 'Tools of Titans'

今週のお題「名作」

 

ティム・フェリス著『Tools of Titans』は、世界で最も成功した人々の習慣、習慣、戦略をユニークに垣間見ることができる、魅力的で洞察力に富んだ内容だと感じた。

著者はこの本を通じて、さまざまな分野のトップパフォーマーとのポッドキャストインタビューから、重要な教訓と実用的なアドバイスを抽出して紹介している。

「Tools of Titans」の際立った特徴の1つは、その実用性だと考えられる。

作者は、生産性のハックから健康やウェルネスの実践に至るまで、読者が自分の生活にすぐに応用できる豊富なヒントやツールを紹介してる。

この本は、「健康」、「裕福」、「賢明」の 3 つのセクションに分かれており、読者が自らの目標に関連するアドバイスを見つけるよう導いている。

この本のもう一つの強みは、インタビュー対象者が多様であることだ。

アスリートや起業家から科学者やアーティストに至るまであらゆる人々にインタビューし、幅広い視点と洞察を提供している。

しかし、この本にはヒント、戦術、逸話が詰め込まれているため、一度にすべてを理解するのは難しく、情報量の多さに圧倒されることもある。

また、インタビューからの抜粋で構成される本の形式は、時々支離滅裂に感じることもあります。

全体として、「Tools of Titans」は、作者の洞察とインタビュー対象者の知恵を垣間見ながら、人生を最適化し、目標を達成したいと考えている人にとって貴重なリソースにあり得ると考えられる。

 

I found "Tools of Titans" by Tim Ferriss to be a fascinating and insightful book that provides a unique glimpse into the habits, habits, and strategies of some of the world's most successful people.

Throughout this book, the author distills important lessons and practical advice from podcast interviews with top performers in various fields.

One of the distinguishing features of "Tools of Titans" may be its practicality.

From productivity hacks to health and wellness practices, the author provides a wealth of tips and tools that readers can immediately apply to their own lives.

The book is divided into his three sections: Healthy, Wealthy, and Wise, guiding readers to find advice relevant to their goals.

Another strength of this book is the diversity of interviewees.

He interviews everyone from athletes and entrepreneurs to scientists and artists, offering a wide range of perspectives and insights.

But this book is so packed with tips, tactics, and anecdotes that it can be difficult to take in everything at once, and the amount of information can be overwhelming.

Also, the book's format, consisting of excerpts from interviews, can feel disjointed at times.

Overall, "Tools of Titans" could be a valuable resource for anyone looking to optimize their life and achieve their goals, with a glimpse into the author's insight and the wisdom of the interviewees.

 

 

自分らしく生きることについて About living as yourself

今週のお題「卒業したいもの」

他人を気にしたり、他人と比較することから卒業し、自分を大切にしながら生きていきたい。

我々は様々なペルソナを持ち、場面や状況によってを使い分けている。
仕事している時の自分、家庭での自分、友達と過ごしている時の自分。

多くの人は就職して社会人になると、一般的に会社員として過ごす時間が一番長いため、会社員としてのペルソナが多くの割合を占めるようになる。

所属している会社の従業員としてのペルソナが、その人の一番大きな存在であり役割のため、会社の名刺によって自分の価値を確認したりもする。

中には会社の規模で人を判断し接することで優越感を味わったり、下請け会社の人に横柄な態度を取るような人もいる。

自分の属している会社 = 自分の価値、だと思っていることが伺える。

Illustration generated by Wombo

しかし、もし会社員としてのペルソナがなくなった場合、どこで自分の価値を見出すことができるだろうか。今まで通り接してくれる人はどれくらいいるだろうか。

人生100年」といわれ、定年のインパクトも薄れていく中、会社や組織という枠組みに捕らわれずとも働いていける、

収入を得ながら社会に貢献できる自分を、確立しなければならない時代を生きていると感じている。

We have various personas and use them depending on the situation.
Who I am when I'm working, who I am at home, and who I am when I'm spending time with friends.

When many people get a job and become members of society, they generally spend the most time as an office worker, so their persona as an office worker comes to occupy a large proportion of their lives.

Because a persona as an employee of the company to which they belong is their most important existence and role, they sometimes confirm their value through the company's business card.

Some people feel superior by judging people based on the size of the company, or have an arrogant attitude toward people at subcontractors.

This shows that they think that the company they work for = their value.

But if we no longer have the employee persona, where can we find your value? How many people will still be in touch with us?

It is said that we live 100 years era, and the impact of retirement is fading. I feel that we live in an era where we must establish ourselves as individuals who can work without being tied to the framework of a company, and who can contribute to society while earning an income.

飛行機の預け荷物の料金と航空券料金について Thoughts on checked baggage charges and ticket prices on airplanes

今週のお題「大発見」

飛行機搭乗時の預け荷物には、重さの制限がある。

エコノミークラスでは20kg前後、ビジネスクラスでは、30kgほどである。

これを超えると追加料金が求められるが、私はこれに加えて、乗客の体重によって料金を変更する仕組みがあっても良いのではないかと考えている。

預け荷物は1kgでも超えると追加料金が求められるのに、数十kgの差がある搭乗者の体重は問題視しないのが現状である。

例えば、搭乗時の体重によって、燃油サーチャージに変化をつける方法や体重によって預け荷物の重量を変えられることなどが考えられる。

AIによる技術の進捗により、このような仕組みが見直され、より柔軟な料金体系が提供される日を望んでいる。

Illustration generated by Wombo

There are weight restrictions for checked baggage when boarding an airplane.

In economy class, the weight is around 20 kg, and in business class, it is around 30 kg.

If you exceed this amount, you will be required to pay an additional fee, but I think that in addition to this, it would be good to have a system that changes the fee depending on the weight of the passenger.

Although passengers are required to pay an additional fee if their checked baggage exceeds even 1kg, the current situation is that passenger weight differences of several tens of kilograms are not considered a problem.

For example, it is possible to change the fuel surcharge depending on the passenger's weight, or to change the weight of luggage depending on the passenger's weight.

I hope that with the advancement of AI technology, this system will be reviewed and a more flexible fee structure will be provided.

韓国仁寺洞の韓屋茶家:伝統と静けさを楽しむ特別なひととき Hanok teahouse in Insa-dong, South Korea: A special moment to enjoy tradition and tranquility

今週のお題「最近おいしかったもの」

ソウルの伝統茶屋で、おいしい韓国の伝統茶を堪能しました。

「韓屋茶家」は、ソウルの仁寺洞に位置する伝統的な茶屋です。

この茶屋は、韓国の伝統的な建築様式である「韓屋(ハノク)」を活かした落ち着いた雰囲気が特徴です。

茶屋の内部は、木製の家具や調度品で装飾され、伝統的な韓国の雰囲気を感じることができます。

「韓屋茶家」では、さまざまな種類の伝統的な韓国茶を楽しむことができます。

特に、仁寺洞の繁華街にあるにもかかわらず、静かな雰囲気の中でゆっくりとした時間を過ごすことができるため、観光客や地元の人々に人気があります。

また、茶屋では伝統的な韓国のお菓子や軽食も提供されており、茶と一緒に楽しむことができます。

仁寺洞を訪れる際には、ぜひ「韓屋茶家」で伝統的な韓国の茶文化を体験してみてください。

 

I enjoyed delicious traditional Korean tea at a traditional teahouse in Seoul.

"Hanok Teahouse" is a traditional teahouse located in Insa-dong, Seoul.

This teahouse is characterized by its calm atmosphere, which makes use of the traditional Korean architectural style of hanok.

The interior of the teahouse is decorated with wooden furniture and furnishings, giving you a traditional Korean atmosphere.

At Hanok Tea House, you can enjoy various types of traditional Korean tea.

It is especially popular among tourists and locals because it allows you to spend a relaxing time in a quiet atmosphere even though it is located in the busy area of Insadong.

The teahouse also offers traditional Korean sweets and snacks, which you can enjoy with your tea.

When visiting Insa-dong, be sure to experience traditional Korean tea culture at a Hanok tea house.

 

仁寺洞の名店「江南麺屋 강남면옥」で極上の「カルビチム」を堪能

今週のお題「最近おいしかったもの」

年初に数年ぶりにソウルに行ってきました。

ソウルの伝統的な文化地区、仁寺洞(インサドン)に位置する「江南麺屋 カンナム ミョノク 강남면옥」は、本格的なカルビチムを楽しめる名店として知られています。

特に、カルビチム、蒸しマンドゥ、冷麺が絶品として人気を集めています。

・カルビチム
「江南麺屋 강남면옥」のカルビチムは、柔らかくてジューシーな牛肉が特徴で、秘伝のタレに漬け込んだ肉は、ほどよい甘さと深い味わい、口の中でとろけるような食感と豊かな味わいが楽しめます。一度食べたら忘れられない逸品です。

・蒸しマンドゥ
手作りの蒸しマンドゥは、肉と野菜の旨みがぎっしり詰まった韓国の蒸し餃子です。もっちりした皮とジューシーな具材が絶妙なバランスを生み出し、食べるたびに幸せな気持ちにさせてくれます。

・冷麺
冷たくさっぱりした水冷麺は、この名前麺屋の通り、お店の看板メニューです。カルビチムと蒸しマンドゥの合間に食することで、箸休めの役割も担います。

ソウルに行く際は、この「江南麺屋 강남면옥」は外せないスポットで、必ず訪れて舌鼓をするおすすめのお店です。

At the beginning of this year, I went to Seoul for the first time in several years.

Gangnam Myeonok 강남면옥, located in Insadong, Seoul's traditional cultural district, is known as a famous restaurant where you can enjoy authentic galbijim.

Galbijim, steamed mandu, and cold noodles are especially popular.

・Galbijim
Gangnam Myeonok 강남면옥's galbijim is characterized by tender and juicy beef.The meat marinated in a secret sauce has just the right amount of sweetness, deep flavor, and a melt-in-your-mouth texture and rich flavor. You can enjoy it. It is a masterpiece that you will never forget once you try it.

・Steamed mandu
Handmade steamed mandu are Korean steamed dumplings packed with the flavor of meat and vegetables. The chewy skin and juicy ingredients create an exquisite balance that makes you feel happy every time you eat it.

・Naengmyeon (Cold noodle)
As the name noodle shop suggests, the cold and refreshing beef soup-cooled noodles are the restaurant's signature menu. By eating it between galbijim and steamed mandu, it also serves as a refreshing change of pace.

When you go to Seoul, Gangnam Myeonok 강남면옥 is a must-visit spot and is a recommended restaurant that you should definitely visit and enjoy.

具体性がカギ!新年の目標を達成するために Concreteness is the key! to achieve new year goals

新年になると、必ずといっていいほど、今年の目標に関する話題に触れることがある。

年初に「今年こそ」という思いを込めて、何らかの目標を立ててはみるが、数カ月後には、記憶の彼方であることがいつものパターンだったりする。

目標は具体的で細かい程実現しやすい。

例えば、「運動する」ではなく、「毎日腕立て伏せを30回する」、「毎日縄跳びを500回跳ぶ」、「毎日5000歩以上歩く」という具合である。

Illustration generated by Wombo

・「英語を勉強する」より「毎日新しい英単語を3つ覚える」

・「日記を書く」より「日記を毎日1行書く」

・「料理がうまくなる」より、うまく作りたい対象となる料理を都度決めて、一つずつクリアしていく

など、具体的な内容が望ましい。

具体的な目標を立てる、続ける、ためには、これならできる、という確信の裏付けが必要なため、自分について知ることも大事ではないかと考える。

私は「日記を書く」ことに、幾度かトライしたものの、数日も続かず終わってしまった経験がある。

しかし、「日記を毎日1行書く」という目標を立ててみると、この1行というのがあまり苦にならないこともあり、3年近く続くようになった。

勝間 和代さんの本で読んだ内容で、以下の文書が私のお気に入りである。

マッキンゼーでは、問題が漠然としたままの状態を「海」に、具体的に小分けした状態を「ビーカーの海水」に例えて、「海は沸かせないけど、ビーカーの海水は沸かせる」と教わりました。

確かにその通りで、なかなか問題を解決できないというのは、海ごと沸かすにはどうしたらいいか、と考えるようなものなのです。ビーカーで海水をすくって、小分けにして沸かしましょう。

問題解決に関する内容ではあるが、目標設定にも通じることがあると考えている。

漠然とした目標設定ではなく、小分けして具体的な目標を年初に決めることで、年末には達成感を味わいたいものである。

As the new year approaches, we almost always come across topics related to this year's goals.

At the beginning of the year, I try to set some kind of goal with the thought that ``This is the year,'' but after a few months, it's a common pattern that the goal is a distant memory.

The more specific and detailed your goals are, the easier it is to achieve them.

For example, instead of saying, "I'm going to exercise this year," you might say, "I'll do 30 push-ups every day," "I'll jump rope 500 times every day," or "I'll walk at least 5,000 steps every day."

・It is better to say "memorize 3 new English words every day" than just "study English"

・ Instead of "writing a diary," try "writing one line in your diary every day."

・Rather than just "getting better at cooking," decide each time what dishes you want to make well and complete them one by one.

In order to set and stick to specific goals, you need to have the confidence that you can do it, so I think it's important to know about yourself.

I have tried "writing a diary" several times, but it never lasted more than a few days.

However, when I set a goal of writing one line in my diary every day, I found that writing one line didn't bother me so much, and I ended up continuing to do so for nearly three years.

Among the things I read in Kazuyo Katsuma's book, the following document is my favorite.

At McKinsey, we liken the state in which a problem remains vague to an "ocean," and the state in which it has been divided into specific parts to a "beaker of seawater." I was taught that "You can't boil the ocean, but you can boil seawater in a beaker."

That's certainly true; not being able to solve a problem is like trying to figure out how to boil an entire ocean. Scoop up some seawater in a beaker, divide it into small portions, and boil it.

Although the content is about problem solving, I believe it can also be applied to goal setting.

Rather than setting vague goals, by breaking them down into specific goals at the beginning of the year, you want to feel a sense of accomplishment at the end of the year.

 

ビアカフェ ブルッグスゾット 日本橋 Beer Café Bruggs Sott Nihonbashi

今週のお題「書いてよかった2023」
全てのブログが私にとっては書いてよかった記事になります。読み返してみると、訪れた場所や味わった料理、自分の考えや発想、取り入れた知識など、全てが財産となっています。

今回ご紹介するレストランは、コレド室町2 2Fにあるベルギー料理のレストラン、「ビアカフェ ブルッグスゾット 日本橋」です。

450年以上の歴史がある老舗ベルギービール醸造所「De Halve Maan(ドゥ・ハルヴ・マーン)」と正規輸入代理店の独占契約を結び、ベルギービールを提供している専門レストランとのことです。

ベルギー料理には馴染みがないですが、日本橋に出かけた際にお店を見つけて、ベルギー伝統のハンバーグ「フリカデル」を堪能しました。

大きいミートボールのような印象で、ソースとの相性も良く、肉に筋や脂身がないせいか、見た目より軽くおいしくいただくことができました。

次回はビールと一緒に楽しみたいです。

"Beer Café Bruggs Sott Nihonbashi" is a Belgian restaurant located on the 2nd floor of Coredo Muromachi 2.

This is a specialty restaurant that serves Belgian beer through an exclusive contract as an official import agent with De Halve Maan, a long-established Belgian beer brewery with a history of over 450 years.

I'm not familiar with Belgian cuisine, but when I went to Nihonbashi, I found this restaurant and enjoyed the traditional Belgian hamburger "Frikadelle."

It looked like a large meatball and went well with the sauce, and perhaps because the meat had no sinews or fat, it was lighter and more delicious than it looked.

Next time I would like to enjoy it with beer.