Mandarin Orange

「書くことでアイデアが生まれる」をモットーに、自分で描いたイラストを添えて、本のレビューなどを含めていろいろ書いていこうと思います。

バフェット&ゲイツ 後輩と語る Buffet & Gates Go Back to School

この本は、ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)とビル・ゲイツ(Bill Gates)という2人の世界的に有名な実業家が、学生たちとの対話の形式で行われたイベントの内容をまとめた本&映像です。

このイベントは、2005年9月ににウォーレン・バフェット氏の母校であるネブラスカ大学リンカーン校(University of Nebraska-Lincoln)で開催されました。

バフェットとゲイツは、学生たちからの質問に答える形式で、経済、ビジネス、人生の価値観などに関する幅広いトピックについて話しています。

その中で一番印象に残っている、バフェット氏の話がこちらです。

学生:組織全体に倫理的リーダーシップをどのように浸透させますか?

また、自分の 1 つ下のレベルの経営陣が、自分と同様の意思決定を行っていることを、どのようにして把握することができますか?


バフェット氏:私たちは必要なお金をすべて持っています。

もっと多くのものを手に入れたいと思っていますが、お金をある程度失っても大丈夫です。

しかし、評判を落とすわけにはいきません。ほんの少しでもです。

私はマネージャー達に伝えています。

私は彼らに、当然守るべき法的な基準だけでなく、あらゆる行動を判断するよう求めています。

それは私が新聞テストと呼んでいるものです。

もし、自分の行なった行動が、賢いけれど無情な記者達に書かれて、翌日の地元紙に掲載され、家族や友人、近所の人に読まれることになった時、彼らはその行動についてどう感じるだろうか。

そのテストに合格すれば大丈夫です。

そして、線を超えそうなことがあったとしたら、アウトだと言います。

 

This book is a book and video that summarizes the contents of the event held in the form of dialogue with students by two world-famous businessmen, Warren Buffett and Bill Gates.

The event was held in September 2005 at Warren Buffett's alma mater, the University of Nebraska-Lincoln.

Buffett and Gates answer questions from students on a wide range of topics, including economics, business, and life values.

Here is Buffett's story that left the biggest impression on me.

STUDENT: How do you instill ethical leadership throughout your organization and to begin with, how do you know that the management, one level below you, is making decisions that would parallel your own?

BUFFETT: We have all the money we need. You know, we'd like to have more, but we can afford to lose money. But we can't afford to lose reputation. Not a shred of reputation.

And therefore, I ask the managers. I ask them to judge every action they take not just by legal standards, although obviously that's the first test. But also, by the test what I call the newspaper test. How would they feel about any given action if they knew it was to be written up the next day in their local paper to be read by their family, by their friends, by their neighbors, written by a smart, but kind of unfriendly reporter. And if it passes that test, it's okay. And I tell them if anything is close to the lines, it's out.

And they can always call me if they wanted to check something. But if they call me, there's something wrong with it probably anyway. And that's about it.

 

炭火焼グリルで極上の肉を堪能!ザ・ステーキハウス/ANAインターコンチネンタルホテル東京の贅沢 Enjoy the finest meat on the charcoal grill! Luxurious taste of The Steakhouse / ANA Intercontinental Hotel Tokyo

先日サントリーホールに訪れた際に、隣のANAインターコンチネンタルホテル東京内「ザ・ステーキハウス」にてランチを楽しみました。

レストランの特徴的なオープンキッチンに設置された備長炭炭火焼グリル(全長3m)で調理されたステーキは、焼き加減も抜群で、一口食べるごとに舌が喜ぶ味わいでした。

サラダバーがあり、新鮮な野菜が好きなだけ食べられるのも魅力の一つです。

店内の雰囲気も上品で落ち着いており、スタッフの方々の気配りが行き届いていて、特別な日や記念日に、ぜひまた訪れたいと思えるレストランの一つです。

数種類の塩を比べながら楽しむことができます。You can enjoy comparing several kinds of salt. 여러 종류의 소금을 비교하면서 즐길 수 있습니다.

When I visited Suntory Hall the other day, I enjoyed lunch at "The Steakhouse" in the ANA Intercontinental Hotel Tokyo next door.

The steak was cooked on the Binchotan charcoal grill (3m long) installed in the restaurant's characteristic open kitchen.

There is a salad bar, and one of the attractions is that you can eat as much fresh vegetables as you like.

The atmosphere inside the restaurant is elegant and calm, and the staff are very attentive. It is one of the restaurants that I will definitely want to visit again for special occasions and anniversaries.

 

「君たちはどう生きるか」の魅力 How do you live?(The Boy and the Heron)

今週のお題「自由研究」

学生時代の宿題で、自由研究で何を調査していたかはほとんど覚えていないが、読書感想文は毎回出されて、苦労した記憶は鮮明に残っている。

今は感想文を書くことが、楽しみの一つでもあるから、不思議なものである。

10年ほど前にこの本の題名に惹かれて手にして読んでみた。

ジブリの宮崎監督が映画化するという発表を聞いた時に再度読み、最近映画がリリースされたことでまた手にしてみた。

ちなみに、英語のタイトルは、「君たちはどう生きるか」ではなく、「The Boy and the Heron(少年とサギ)」に決まったそうだ。

本の内容は、コペル君、というあだ名の、中学生の本田君と叔父さんとのやり取りが物語の軸になっている。

そして、その叔父さんからの以下のメッセージが、私の一番のお気に入りで、頭に残っている部分である。

ところで、君自身はどうだろう。君自身は何をつくり出しているだろう。世の中からいろいろなものを受け取っているが、逆に世の中に何を与えているかしら。
~中略~
しかし、自分が消費するものよりも、もっと多くのものを生産して世の中に送り出している人と、何も生産しないで、ただ消費ばかりしている人間と、どっちが立派な人間か、どっちが大切な人間か、-----こう尋ねてみたら、それは問題にならないじゃあないか。
生み出してくれる人がなかったら、それを味わったり、楽しんだりして消費することはできやしない。生み出す働きこそ、人間を人間らしくしてくれるのだ。 (p149~150)

この叔父の言葉は、現代社会においても重要なメッセージを持っていると感じた。

消費主義の中で、物を手に入れることや欲望の追求に重点が置かれがちだが、本当の幸福や意味を見つけるためには、自分自身が何かを生み出し、他人に貢献することが重要な要素となる。

この考え方は、個人の成長や社会の持続可能性にも深く関わってくるのではないかと考えられる。

この本は児童文学として出版されたようだが、現代の大人が読んでも考えさせられるポイントの多い本だと思っていて、自分の中の名作の一つになっている。

映画は本の内容と異なる背景になっているようだが、哲学的なベースは近いものと期待しながら、映画鑑賞の時を待ちたい。

 

About 10 years ago, I was drawn to the title of this book and read it.

I read it again when I heard that Studio Ghibli director Miyazaki was making a movie, and picked it up again when the movie was released recently.

By the way, the English title was decided to be "The Boy and the Heron" instead of "How do you live?"

The content of the book centers around the interactions between a junior high school student, Honda, nicknamed Coper, and his uncle.

And the following message from the uncle is my favorite part and remains in my mind.

By the way, what about yourself? What are you creating yourself? You receive many things from the world, but what is you giving to the world?
~Omission~
However, if you ask a person who produces more things than he or she consumes and sends out into the world, or a person who does not produce anything but just consumes, which one is more important?

If there is no one to produce it, it cannot be tasted, enjoyed and consumed. Generative work is what makes a human being human. (p149-150)

I felt that this uncle's words have an important message in modern society.

Consumerism tends to focus on acquiring things and pursuing desires, but in order to find true happiness and meaning, it is important for us to create something ourselves and contribute to others. element.

This way of thinking is deeply related to the growth of individuals and the sustainability of society.

This book seems to have been published as children's literature, but I think that it is a book with many points that will make you think even if you read it by adults today, and it is one of my masterpieces.

The movie seems to have a different background than the content of the book, but I hope that the philosophical base will be similar, and I will wait for the time to watch the movie.

 

AIイラストの現住所 Current address of AI illustration

5か月ほど前に、「知能の次なるフロンティア:AIの進化」というタイトルで、イラスト生成AIについて書いたことがあります。

その後の進化を確かめるべく、森の中で楽器を演奏している人を、様々なプロンプトで生成してみました。

楽器の方向や表情など、細かい指摘箇所があるものの、AI生成イラストの現住所を確認するという意味でご紹介します。

 

About five months ago, I wrote about AI for illustration generation under the title "The Next Frontier of Intelligence: The Evolution of AI".

In order to confirm the evolution after that, I generated a person playing an instrument in the forest with various prompts.

Although there are some points to point out, such as the direction of the musical instrument and the expression of the person, I will introduce it in the sense of confirming the current address of the AI-generated illustration.

「知的資本論」:知識資源の活用がもたらす優位性 “Intellectual Capital Theory”: Advantages brought about by the utilization of knowledge resources

今週のお題「読みたい本」

私は縦書きになっている本が好きではない。

ネット記事に慣れてしまい、横書きの本が増えてきた影響もあり、縦書きの本は非常に読みづらいと感じている。

しかし多くの紙本がまだ縦書きで出版されるため、仕方なく手にしてはいるが、なかなか困ったものである。

ただ、縦書きでも、読みやすく工夫されている本があり、その一つがこの「知的資本論」である。

一列の長さが短く、フォントも大きいので、縦書きでも読みやすい。

このように企画力のあるCCCのようなところが、工夫を凝らして読み手の目線で本を出していただけると、ありがたいとさえ思えるのである。

著者である増田さんの話お借りして「顧客価値」を中心に考えるのであれば、横書きの本が増えても良いのではないかと感じている。

「知的資本論」では、これからの社会においてデザイン力(企画力)の重要性を強調していて、その力がノウハウになり資本になり得ると述べている。

縦書きであっても、読む側のことを考えて読みやすく工夫していることもデザイン力であり、企画力であると考える。

また、本屋は、売る側の都合で雑誌や文庫など本の種類に合わせて陳列しているが、買う側の立場で考えると、旅行、美容、スポーツなど、ジャンルごとに集めておく方が便利である。

蔦屋書店はそれを実践することで、他書店との差別化を図り一歩先を行っていて、大きなノウハウの一つであるそうだ。

私たちは時々、自分のやっていることの意味を見失っていることがある。

そういう時は、最初に戻り、なぜこれをスタートさせたのかを考えて、そこにデザイン力、企画力を注ぐことで、本来の形に近づけられるのではないかと感じた。

 

I don't like books that are written vertically.

I have become accustomed to online articles, and the number of books written horizontally has increased, so I feel that books written vertically are very difficult to read.

However, since many paper books are still published in vertical writing, I have no choice but to get my hands on them, but it is quite troublesome.

However, there are some books that are written in a vertical direction and are designed to be easy to read, and one of them is this "Intellectual Capital Theory".

The length of one line is short and the font is large, so it is easy to read even in vertical writing.

I would appreciate it if a place like CCC, with its planning ability, put out a lot of ingenuity and put out a book from the reader's point of view.

Borrowing from the author Mr. Masuda's story, I feel that if we focus on "customer value", we should increase the number of books written horizontally.

"Intellectual Capital Theory" emphasizes the importance of design ability (planning ability) in the society of the future, and states that this ability can become know-how and capital.

Even if it is written vertically, I think that thinking about the reader and making it easy to read is also a design ability and a planning ability.

In addition, many bookstores display books according to the type of book, such as magazines and paperbacks, for the convenience of the seller.
However, from the buyer's point of view, it would be more convenient to collect them by genre, such as travel, beauty, and sports.

By practicing this, Tsutaya Bookstore aims to differentiate itself from other bookstores, and it is said to be one of its major know-how.

Sometimes we lose sight of the meaning of what we are doing.

In such a case, I felt that by going back to the beginning and thinking about why I started this and pouring my design and planning skills into it, I could get closer to the original form.

 

成熟した社会について考えてみた Thoughts on mature societies

成熟した社会の話題になると「北欧」が思い浮かぶ。

私は実際訪れたことがないが、様々なマスコミからの影響で、政治や社会のシステム、福祉、市民の意識が高いレベルに達しているイメージがある。

数年前にあるテレビ番組で、北欧のある国の「セルフレジ」について紹介されたことがある。

今は日本でも多くのスーパーやコンビニなどで取り入れられているが、当時はとても珍しいシステムとして紹介されていた。

Illustration by Mandarin Orange

番組のレポーターは、セルフレジを利用している現地の人に対して「自分でバーコードを読み取って計算していると、数点くらいお金を払わずに持ち出したい気持ちになりませんか」のような質問をした。

質問を受けた現地の人は「あなたはこの商品をこの店から買いたいですよね?どうしてお金を払わずに持ち出そうということを考えるのですか?」と、逆にレポーターに質問し、そもそも質問の意図が理解できない様子だった。

税金が高い分、社会保障がしっかりしているところで生活している人たちの発想だと感じた。

また、そのような成熟した社会では「これくらいなら大丈夫(許される)だろう」という発想がないのではないかとも感じている。

・停車時に少しくらい車線をはみ出ても大丈夫だろう

・自転車専用道路だけど少しくらい停車しても大丈夫だろう

・これくらいのゴミは捨てても大丈夫だろう

・みんなで渡れば大丈夫だろう

のような発想がそもそも生まれない社会が、成熟した社会ではないかと考えてみた。

 

"Northern Europe" comes to mind when talking about mature societies.

Although I have not actually been there, I have an image that the political and social systems, welfare, and citizen awareness have reached a high level due to the influence of various mass media.

A few years ago, a television program introduced the "self-checkout" system in a Scandinavian country.

Although it is now used in many supermarkets and convenience stores in Japan, it was introduced as a very rare system at the time.

A reporter for the program asked a local person using the self-checkout a question like this: "You read the barcode yourself and do the calculation. Don't you want to take it with you?"

The local person who received the question asked the reporter, "You want to buy this product from this store, don't you? Why do you think about taking it out without paying?" It was like he didn't understand the intent of the question.

I felt that it was the idea of people who live in places where social security is solid because of the high taxes.

Also, I feel that in such a mature society, there is no idea that "this much is okay (permissible)".

・It's okay to go out of the lane for a while when the car is stopped.

・It's a bicycle-only road, but it's okay to stop your car for a while.

・Is it okay to throw away this much trash?

・It will be fine if everyone crosses

I thought that a society in which such ideas are not born in the first place is a mature society.

 

 

初心とは何か Don' forget your first resolution

「初心忘るべからず」という言葉があり、私の好きな言葉の一つである。

「何かを始めた最初のころの気持ちを忘れてはいけない」という意味で用いられる。

この「初心」とは何か、と考えてみると、私は「切実さ」で表現できると思っている。

・その仕事がとてもやりたかった時の気持ち
・その仕事に就くために努力している姿
・その仕事ができるようになった時の喜び

など、望んでいることやほしいものに対する切実な気持ちではないかと思っている。

Illustration by Mandarin Orange

それほど望んでいたことでも、人間は慣れてしまうと、丁寧さに欠け、疎かな気持ちが芽生えてくる。

そういう時は、感謝の気持ちを忘れることがないように、もっと丁寧に行うために、もっと学びたい気持ちを添えて、それがとても欲しがっていた頃を、時々思い出すようにしている。

要するに、私の考える「初心忘るべからず」を自分に言い聞かせている状態である。

もし、このようなことを考えても、切実さがなくなっている状態であれば、それは望んでいるものは他にあるということかも知れない。

他に切実に進みたいと思う道が現れた場合は、新たな選択肢に焦点を当てて活動を始めた方が賢明であると思われる。

但し、他に渇望している物がない状態で、現在の仕事に対して感謝の気持ちや切実さが失われているとしたら、それは怠慢である可能性が高い。

新たに進みたい、手に入れたいことや物があるか否かで、怠慢な状態か、分岐点なのか、判断材料の一つにしたいと思っている。

 

There is a saying, "Don' forget your first resolution," and it is one of my favorite words.

It is used in the sense of "don't forget the feelings you had when you first started something".

When I think about what this "first resolution" is, I think I can express it with "earnestness."

・Feelings when you really want to do the job
・Appearance of making an effort to get the job
・The joy of being able to do the job

I think it's a sincere feeling for what you want.

However, even if people want it so much, once they get used to it, they lack politeness and sometimes start to feel careless.

At such times, in order not to forget my feelings of gratitude, in order to be more polite, I add a desire to learn more, and sometimes I remember the time when I really wanted it.

In short, I am telling myself that "Don' forget your first resolution".

If, even after thinking about these things, the urgency is gone, it may mean that there is something else you want.

If there is another path that you really want to take, it would be wise to focus on new options and start working.

However, if there is nothing else to crave, and you have lost your gratitude and urgency for your current job, it is highly likely that you are negligent.

I want to use it as one of the criteria for deciding whether I am in a state of neglect or at a crossroads, depending on whether there is something I want to do or something I want to get.