Mandarin Orange

「書くことでアイデアが生まれる」をモットーに、自分で描いたイラストを添えて、本のレビューなどを含めていろいろ書いていこうと思います。

チーズはどこへ消えた? Who Moved My Cheese?

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと

2023年、今年は本のレビューをできるだけ記録して共有したいと思っている。
その第一弾として「チーズはどこへ消えた?」についての感想を書いてみた。

コロナがもたらしたパンデミックは我々の社会を急激に変化させた。
5年、10年後に訪れるであろう仕組みや生活パターン、それに伴うインフラが、この1、2年の間で見る見る日常に多くの変化をもたらした。

この本でいう「チーズ」は人生で求めているもの、それぞれが大切だと考えているものの象徴である。
そして、この物語に登場するキャラクター達に、読む側のそれぞれの性格や状況を投影して考えることができる。

私は以前転職を考えていた時期にこの本を手に取って、目から鱗が落ちる経験をしたことがある。最近の変化の激しい時代にこの本を思い出し、もう一度目を通してみた。

Who Moved My Cheesse?

我々はこのチーズを誰かに持っていかれた時、もしくは持っていかれそうになった時、どのような行動をとるだろうか。
常にアンテナを張ってチーズが提供される場所に移動できる能力があればベストであるが、せめてチーズを持っていかれた時、躊躇せずチーズを探して動き出せる柔軟な発想を身に着けたい。

人はそれまでに積み重ねてきた経験や知識などをもとに物事を判断して、満足のいく生活を築こうとする。そしてその生活を維持していくことが大事であり、わざわざ変化することに目を向けたりはしない。

要するに、自分にとっておなじみの便利な生活に満足している人々にとって、急激な変化はそれほどうれしいものではない。
また、変化の多くは他意によるもののため、すんなり従うことも難しい。

しかし、我々は「ダーウィン」の言葉がよく引用される、変化の真っただ中に生きていることも事実である。
「生き残る種とは、最も強いものではない。 最も知的なものでもない。 それは、変化に最もよく適応したものである。」 

リモートワーク、メタバースなどに代表される第4次産業革命が、予想以上のスピードで進行しているなか、この「チーズはどこへ消えた?」は
これからの人生の方向性を考える上で、変化をポジティブに捉えることも含め、多くのことを考えさせてくれる。

人は考えを変えると、行動が変わるのだ。
変化は害を与えるものだと考え、それに抗う人もいる。だが、新しいチーズをみつけられれば変化を受け入れられるようになる、と考えることもできる。
すべて、どう考えるかにかかっているのだ。
「新しいチーズをみつけることができ、それを楽しむことができるとわかれば、人は進路を変える」―「チーズはどこに消えた?」より引用

 

The pandemic brought about by Corona has dramatically changed our society.
The mechanisms and lifestyles that we expected to visit in 5 or 10 years, and the infrastructure that accompanies them, suddenly appeared in the last year or two, and brought about many changes in our daily lives.

"Cheese" in this book is a symbol of what you want in your life and what you think is important.
And, the characters appearing in this story can be projected onto the personality and situation of each reader.

I picked up this book before when I was thinking about changing jobs, felt like the scales fell from my eyes, remembered this book in this era of rapid change, and read it again.

What would we do when someone took this cheese or was about to take it?
It's the best if you have the ability to always keep an antenna and move to the place where the cheese is served, but at least when the cheese was moved by some reason, we want to have a flexible idea that we can search for and start moving for the cheese without hesitation.
Also, we would like to positively consider change as an opportunity to obtain something.

People judge things based on the experience and knowledge they have accumulated so far, and try to build a satisfying life. And it's important to maintain and enjoy that life, and don't bother to change.

In short, for those who were happy with the conveniences they were familiar with, the drastic changes are not so pleasing.
Also, many of the changes are due to external influences, so it is difficult to follow them smoothly.

However, we also need to recognize that we live in the midst of change, where the word from Darwin is often quoted.
"It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change."

While the Fourth Industrial Revolution represented by remote work and Metaverse is progressing faster than expected, this "Who Moved My Cheese?" makes me think about many things, including thinking about the future direction of life and taking a positive view of change.

He knew that when you change what you believe, you can change what you do.
You can believe that a change will harm you and resist it. Or you can believe that finding New Cheese will help you an embrace the change.
It all depands on what you choose to believe.
"When you see that you can find and enjoy new cheese, you change course."
- Referenced from "Who Moved My Cheese?"